みかん愛たいの活用事例

鯛はその美しい魚体・魚色とめでたい語呂で古来より日本人に愛されてきた魚です。
「鯛は捨てるところがない」と昔から言われています。その身は淡泊ですが、骨や皮、ヒレなどほかの魚では捨てられてしまう部分に多くのうまみをもっています。
骨やアラは当然ですが、鱗や内臓までもおいしく食べられ、食品ロスが全くと言っていいほどない完璧な食品と言えるでしょう。
ページのトップへ戻る